S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

CATEGORIES

ARCHIVES

TIME BOMB RECORDS
(タイムボム・レコーズ)

1990年創業。'50年代から今日に至るまでの不良ロックンロール・サウンドをリサーチ。 100坪ワンフロアにて、各種レア盤、再発、新譜 LP/EP/CDを取り扱っています。 レア盤は店主が年4〜5回、欧米に買付を行い。一枚一枚厳選して仕入をしています。 なお、御不要になったCD、レコードもぜひお売りください!一枚から査定OK! 地方の方、大量処分の方はゼヒご一報ください。高額査定いたします。 なお自主レーベルも運営し、これまでに約100タイトルをリリース中。
取り扱いジャンル
● 50's & 60's OLDIES/R&B/SOUL
● 60's & 70's MODS-GARAGE BEAT-PSYCHE/ROCK-POPS
● 80's GARAGE-PUB ROCK / NEO ROCKABILLY-PSYCHOBILLY
● PUNK/POWER POP/NEO MODS
● HARDOCORE/Oi-SKINS/MELODIC/EMO/NEO SKA
● NEW WAVE/NOISE〜ALTERNATIVE/INDIE-GUITAR POP
--------------------------------------
TIME BOMB RECORDS(タイムボム・レコーズ) 〒 542-0086
大阪市中央区西心斎橋2-9-28
サンボウルBF
[TEL] 06-6213-5079 
[FAX] 06-6213-8879 http://www.timebomb.co.jp info@timebomb.co.jp
--------------------------------------
古物商許可証「第621111501115] 大阪府公安委員会許可:第957号
--------------------------------------

TIMEBOMB SHOJI TWITTER

FUCKER "きなこ・オン・ザ・ライス"

0

     

    ・FUCKER "きなこ・オン・ザ・ライス" CD

     

    【2018年10月10日時(水)発売!】
    本日入荷!レスザンTV主宰、アンダーグラウンドシーンにしつこく存在し続ける座敷オヤジ、

    奥歯なしフォークシンガー【FUCKER】が、待望の2ndアルバムを満を持してレスザンTVよりリリース!
    1000%日常より紡ぎ出されたリアル・パンチラインの数々、そして共生への希望を乗せた全11曲!

    ゲストミュージシャンに鮎子、レコーディングエンジニアに旧友、荒金 康祐を迎え、自身のキャリアを総括する

    オリジナルローファイサウンドを完成させている。

    映画『MOTHER FUCKER』のスピンオフとも言える生活感全開の問題作!!ここに誕生!!!

    Tracklist:
    01. ポリスステーション・ブギ
    02. サイコキラー77歳
    03. きなこ オン ザ ライス
    04. 更生&ハイ
    05. FUCKER イン トイレット
    06. 変わり者の家
    07. スカム維持
    08. FUCKERの誕生日
    09. ベターライフ
    10. 鮎子とFUCKERのムーンライト・ソナタ
    11. 共生社会を実現させる歌 (ライブ)

     



    FUCKER Profile:
    20数年に渡り、日本のアンダーグラウンド・シーンを切り拓き続けてきているレーベル、レスザンTV。

    そのレーベル・オーナーとして、数々の素晴らしいバンドたちを送り出してきただけではなく、

    自らもU.G MANやGOD’S GUTS、we are the world、younGSounds、idea of a joke等のバンドで活躍してきた男、谷ぐち順。

    フォーク・シンガー"FUCKER"となって数年、自らの私生活をさらけ出しながら、日々の喜怒哀楽を時にファニーに、

    時にシリアスに、そしてハードコア・パンクスとしてのラディカルさと、ポリティカルなメッセージを込めて歌う姿は、

    唯一無二以外の何者でも無い。現在はDEATHROのサポートメンバーやLimited Express (has gone?)でも活動。

     

    いよいよ今週末!今年3回目のFeDCはコチラになります。久々の国外アーティスト出演です!

    そして・・・日本のカルト・ドゥームメタル最高峰(?)盲目魔女ことBLIND WITCHが遂に大阪に姿を現す!?

    ===Fareast Death Cult presents===
    2018年10月13日(sat)
    @ SOCORE FACTORY
    —Fareast Death Cult 2018 vol.03 - FeDC 10th Anniversary—

     

    ・ANATOMIA
    ・BIRUSHANAH
    ・BLIND WITCH
    ・Hemipenis

    ・Mornarch

    ・SECOND TO NONE

    ・Vampillia

    ・WORLD

     

    Open 16:30 /Start 17:00
    adv 2,500yen(+1d 500yen)/ door 3,000yen(+1d 500yen)

    *ADVANCE TICKET 9/13 ON SALE!

     

    INFO and MAIL RESERVATION:

    SOCORE FACTORY - info@socorefactory.com

     

    ADVANCE TICKET SALES STORE:

    SOCORE FACTORY

    TIMEBOMB RECORDS

    S.A.MUSIC

    PUNK AND DESTROY

    REVENGE RECORDS

    RECORD BOY

     

     

     

    そしてFeDC2018秋の新作、ワークキャップでございます。ご確認ください。

    上記の2018.10.13(sat) @ Socore Factoryで開催のFeDC vol.03より販売します!

     

    SEX MESSIAHのレコ発はコチラ!

    ===SEX MESSIAH presents===

    2018年10月13日(sat)
    @ Shinookubo EARTHDOM
    —MANIAC LUST - SEX MESSIAH "Eastern Cult of Sodomy" Release GIG—

     

    ・SEX MESSHAH

    ・EVIL
    ・Begrabnis
    ・DISTURD

     

    Open 18:00 /Start 18:30
    adv / door 2,500yen(+1d)

     

    TICKET:

    RECORD BOY(Tokyo)

    REVENGE RECORDS(Osaka)

    SEX DESIRE RECORDS

     

    EX-C渾身の企画はコチラだー!すげーメンツが集結!

    ===EX-C presents===

    2018年10月20日(sat)
    @ Minamihorie SOCORE FACTORY
    —Killing Me Softly—

     

    ・EX-C
    ・鐡槌
    ・KiM
    ・Nightmare

    ・assembrage

    ・B-SIDE APPROACH

    ・九狼吽

     

    [DJ]:

    ・SHIGA-CHANG

    ・44041644
     

    Open 17:00 /Start 17:30
    adv 2,500 / door 3,000yen

     

    お次のSmash Your Chainsはコチラ!EIEFITS来阪でっせ!

    ===Nightmare presents===
    2018年10月27日(sat)
    @ Namba BEARS
    —Smash Your Chains—

     

    ・EIEFITS(Tokyo)
    ・LAST(Tsuyama)
    ・VORACIOUS SOUL
    ・DIRTY IS GOD

    ・Nightmare

     

    Open 18:00 /Start 18:30
    adv / door 1,800yen

     

    今年も怒涛の来日ラッシュ!お次の注目アーティストはコチラ!

     

    BRAINOIL(US) + BLACKGANION Japan Tour 2018

     

    10/20 (土) 横浜 EL PUENTE
    10/21 (日) 東京 新大久保 EARTHDOM
    10/22 (月) 岐阜 多治見 B-ONE
    10/23 (火) 三重 CLUB CHAOS
    10/24 (水) 京都 SOCRATES
    10/25 (木) 岡山 PEPPER LAND
    10/26 (金) 広島 TBA
    10/27 (土) 大阪 HOKAGE
    10/28 (日) 名古屋 CLUB QUATTRO


    【BRAINOIL】
    安易に音楽と“土地柄”を紐づけて言及する行為は、時に植民地主義的な論調や土地差別になりかねないが、

    そうとしか説明し難い土地は少なからず存在する。

    1960年代にTHE KINGSMENがロックンロール・クラシック「Louie Louie」のヒットを放ち、

    70年代にはTHE RAT$、80年代にはFINAL WARNINGやPOISON IDEA、WIPERSを生み、

    90年代のライオットガールズたちを支え、今なおUSパンクの聖地と名高いDIYシティ、オレゴン・ポートランドはその典型だろう。

    そこから約1,000km南へ下ったベイエリア屈指の港湾都市・オークランドは、約10kmしか離れていない

    “サンフランシスコとは違う”という意味において、ポートランド以上に強烈な“土地柄”を滲ませる街だ。

    デトロイトに次いで暴力犯罪率の高いクライムシティとして悪名高く、貧困率も高いが、

    裏返せばサンフランシスコに住めなくなった人々を受け入れる包容力を伴った土地ということでもある

    (かのアルカトラズ島が、パノプティコンの如く両都市を一望できるサンフランシスコ湾内に位置する事実は

    あまりに象徴的に思える)。BRAINOILは、その街の2000年代を代表するパンクロック・バンドのひとつだ。


    オークランドの特異性は、同地最高峰のパンク・レジェンドNEUROSISの存在感が端的に示しているが、ABSTRACTER、

    ASUNDER、BORN/DEAD、LAUDANUM、NOOTHGRUSH、ELDOPA、SKAVEN、STORMCROW、STRYCHNINE、

    TØRSÖなどの名を挙げればより特徴が掴み易いかと思う。要約すれば、スタイルが似通うバンドが異常に少ない。

    御大DEAD KENNEDYS、CHRIST ON PARADEや、AMBER ASYLUM、ARTIMUS PYLE、DYSTOPIA、MINDROT、

    PLUTOCRACYといったサンフランシスコの異端バンドと共振しながら、伝説的な近隣バークリーの924ギルマン・ストリートを

    中心に醸成されてきたその気風を、(現在アクティヴのバンドの中で)最も色濃く受け継いでいるのがBRAINOILだ。

    LAUDANUM、STORMCROWや、ポートランドの名士Felix Havoc率いる(DISEMBODIEDのメンバーも在籍していた)

    DESTROY!、そして2000年代USドゥーム / スラッジ代表格GRAVES AT SEAなどで活躍してきた面々によるアンサンブルは、

    “ジ・オークランド”としか言い様のないスラッジ・パンク。しかしそれがガラパゴス的な生成過程ではなく、

    自発的な表現であることは、大規模レーベルCentury Mediaとの契約で場数を踏んでいるWATCH THEM DIE(ELDOPA、

    GRIMPLE、HIGH ON FIRE、WORD SALADのメンバーが在籍した)でも腕を揮うメンバーの在籍や、

    中心人物Greg WilkinsonがACEPHALIX、IRON LUNG、UNDERGANGからHIGH ON FIRE、OM、PALLBEARERまで

    (そしてもちろんBLACK GANIONも)手掛ける名エンジニアであるというプロファイルが裏付けている。


    BRAINOILの目撃は、脈々と続くUS西海岸の異形エクストリーム・ミュージック・ヒストリーを紐解く行為と

    ほぼ同義となるであろう。

     

    TEXT:久保田千史 (clinamina)

     

    ツアー・ファイナルはコチラ。

    2018年10月28日(sun)
    @ Nagoya CLUB QUATTRO
    —BLACK GANION & BRAINOIL JAPAN TOUR "A Warm Room"—

     

    -Live-:

    ・BLACK GANION
    ・BRAINOIL
    ・GOTH-TRAD
    ・ENDON

    ・SECOND TO NONE

    ・BLOODSHOT

     

    -DJ-:

    ・tak

    ・KOJA

    ・将軍

     

    Open 17:15 /Start 17:45
    adv 3,000yen / door 3,500yen

     

    ===SeeK Present's===

    2018年11月16日(fri)

    @ Namba BEARS
    ---AMARANTHINE---
    -Abstracter Japantour2018-

    ・Abstracter(CA,US)
    ・GRANULE
    ・GARADAMA
    ・SeeK

    open 18:30 / start 19:00
    adv: 2,000yen / door:2,300yen

     

    ===Break The Records presents===
    2018年11月24日(sat)
    @ Shinsaibashi HOKAGE
    —War for Peace vol.101-ANTISECT Japan Tour 2018 OSAKA—

     

    ・ANTISECT
    ・SxOxB
    ・Nightmare
    ・DISTURD

    ・ZAY

     

    Open 17:30 /Start 18:00
    adv 3,000yen / door 3,500yen

     

    ===FUUDOBRAIN presents===

    ---EXCEL Japan Tour 2018---

     

    2018年12月21日(fri)
    @ Minamihorie SOCORE FACTORY

     

    2018年12月22日(sat)
    @ Shizuoka ROXY

     

    2018年12月23日(sun)
    @ Tokyo FEVER

     

    2018年12月24日(mon)
    @ Tokyo FEVER

     

    2018年12月25日(tue)
    @ Enoshima OPPA-LA

     

     

     

    leave them all behind 2019

    NEUROSIS
    CONVERGE

    with: 
    2/16: ENDON / SELF DECONSTRUCTION
    2/17: PALM / BLACK GANION

    *2/17: CONVERGE performing special “You Fail Me” set

    2009年に始まった轟美重音シリーズ・ライヴ『leave them all behind』。

    10周年を迎える2019年に、スペシャル・エディションでの開催決定!

    ヘヴィロック/ハードコア/エクストリーム・ミュージック/オルタナティヴ・シーンの最先鋭にして頂点の2組、

    NEUROSISとCONVERGEがダブル・ヘッドライナーとして登場する。

    NEUROSISとCONVERGEの両者は相互尊敬の念に基づく強い結びつきを持ち、2016年以降毎年アメリカやヨーロッパで

    ダブル・ヘッドライン・ツアーを行ってきた。共に最新作で新たなフェイズに突入した両バンドが、

    欧米同様のパッケージで日本ツアーを行う奇跡を享受したい。CONVERGEは6年振り、NEUROSISは実に19年振りの来日だ。

    更に、CONVERGEは3日間のレギュラー・セットに加え、東京2日目にはアルバム『You Fail Me』全曲をプレイする

    ライヴで全曲を披露したのはこれまで全世界でたった1度だけ。正にプレミア感の高い1日だ。

    NEUROSISもこの日は別セットをプレイする予定だという。

    東京2日間には日本の俊英4組が出演。いずれも今現在の日本エクストリーム/アンダーグラウンド・ミュージックを象徴する

    バンドであり、海外マーケット進出の積極性でも際立っている。感度が高い2組の巨匠へのフィードバックも大きいはずだ。

    「国内外のアーティストが距離感無く並列に出演する」という、『leave them all behind』の当初からのコンセプトに

    文字通り合致したラインナップでの特別編、お見逃しなく。

     

    **shows**

    2/14(木)大阪: 梅田TRAD
    NEUROSIS
    CONVERGE
    open 18:00/start 19:00
    前売 9,000yen (スタンディング/税込/ドリンク代別途)
    問い合わせ: SMASH WEST 06-6535-5569

    2/15(金)愛知: 名古屋ELECTRIC LADY LAND
    NEUROSIS
    CONVERGE
    open 18:00/start 19:00
    前売 9,000yen (スタンディング/税込/ドリンク代別途)
    問い合わせ: JAIL HOUSE 052-936-6041

     

    2/16(土)東京: 渋谷O-EAST
    NEUROSIS
    CONVERGE
    ENDON
    SELF DECONSTRUCTION
    open 16:00/start 17:00
    前売 9,000yen (スタンディング/税込/ドリンク代別途)
    2/16-17 2日券 16,000yen (スタンディング/税込/ドリンク代別途) *主催者先行のみで受付
    問い合わせ: SMASH 03-3444-6751

     

    2/17(日)東京: 代官山UNIT
    NEUROSIS
    CONVERGE (performing special “You Fail Me” set)
    PALM
    BLACK GANION
    open 16:00/start 17:00
    前売 9,000yen (スタンディング/税込/ドリンク代別途)
    2/16-17 2日券 16,000yen (スタンディング/税込/ドリンク代別途) *主催者先行のみで受付
    問い合わせ: SMASH 03-3444-6751

     

    **ticket**
    主催者先行受付


    受付券種類: 2/16-17 2日券 16,000yen (スタンディング/税込/ドリンク代別途)
    受付期間: 10/2(火)10:00〜10/8(月)23:59 (PC/携帯/スマホ) *抽選制
    受付URL: http://eplus.jp/ltab2019/

     

    受付券種類: 1日券 (大阪/名古屋/東京)
    受付期間: 10/9(火)10:00〜10/15(月)23:59 (PC/携帯/スマホ) *抽選制
    受付URL: http://eplus.jp/ltab2019/

     

    10/27(土)より下記にて発売
    大阪: ぴあ(P: 130-135)/英語販売あり、ローソン(L: 53499)、e+(プレ: 10/16-21)
    名古屋: ぴあ(P: 128-983)/英語販売あり、ローソン(L: 43024)、e+(プレ: 10/18-21)
    東京: ぴあ(P: 2/16 130-250、2/17 130-268)/英語販売あり、ローソン(L: 2/16 73168、2/17 73183)、

    e+(プレ: 10/17 10:00-21 23:59)
    *2日券はSMASH friends、主催者先行のみの受付です。一般発売は致しません。

     

    企画制作:Daymare Recordings
    協力: SMASH WEST/Extreme The Dojo Web Magazine
    総合問い合わせ:SMASH 03-3444-6751
    http://www.daymarerecordings.com
    http://smash-jpn.com  http://smash-mobile.com

     

    我々220、2018年のライブです。

    ===Fareast Death Cult presents===
    2018年10月13日(sat)
    @ SOCORE FACTORY
    —Fareast Death Cult 2018 vol.03 - FeDC 10th Anniversary—

     

    ・ANATOMIA
    ・BIRUSHANAH
    ・BLIND WITCH
    ・Hemipenis

    ・Mornarch

    ・SECOND TO NONE

    ・Vampillia

    ・WORLD

     

    Open 16:30 /Start 17:00
    adv 2,500yen(+1d 500yen)/ door 3,000yen(+1d 500yen)

     

    2018年10月28日(sun)
    @ Nagoya CLUB QUATTRO
    —BLACK GANION & BRAINOIL JAPAN TOUR "A Warm Room"—

     

    -Live-:

    ・BLACK GANION
    ・BRAINOIL
    ・GOTH-TRAD
    ・ENDON

    ・SECOND TO NONE

    ・BLOODSHOT

     

    -DJ-:

    ・tak

    ・KOJA

    ・将軍

     

    Open 17:15 /Start 17:45

    adv 3,000yen / door 3,500yen

     

    ===FEROCIOUS X & SECOND TO NONE presents===

    2018年11月03日(sat)
    @ Namba BEARS
    —Battle of Armageddon vol.01—

     

    ・UNHOLY GRAVE (Nagoya) 
    ・REVOLT (Saitama)
    ・FEROCIOUS X
    ・SECOND TO NONE
     

    Open 18:30 /Start 19:00
    adv / door 2,000yen

     

    コチラ絶賛発売中です!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    ★ワタクシセレクトの格安お買い得物件(少々難あり)はコチラ♪★2014年8月17日アップデイトしました!

     

     

    遅ればせながらfacebook始めました!「いいね!」お願いします!


    と、言う訳でtwitter始めました!フォロー宜しくお願いいたします!


    ハマソニ改めFareast Death CultのFACEBOOKでございます!【いいね!】宜しくお願いします!

     

    ハマソニ改めFareast Death Cultのtwitterでございます!フォロー宜しくお願い致します!


    スポンサーサイト

    0
      • 2018.12.16 Sunday
      • -
      • 20:17
      • -
      • -
      • -
      • -